Tool

OBSでiZotopeのNeoverbを使う方法【画像解説付き】

OBSでのNeoverbの使い方です。

YouTubeのライブ配信のときに
iZotopeのNeoverbという
リバーブをかけたいなと思いました。

iZotope社のNeoverb

プラグイン自体は2021年のブラックフライデーの時に入手しました。

ブラックフライデー2021で買った物(DTMソフトプラグイン・音源)ブラックフライデーでいろんなとこでセールしてます。 DTM もやってみたいなーと思ってたので
良い機会だと思ってソフト関係を買い漁っています。...

Neoverb単体で買うよりも他のプラグインもセットになってる方が安かったりします。↓
私はiZotope はじめてのiZotopeセット Pro Maxを購入しました。

iZotope はじめてのiZotopeセット Pro Max
created by Rinker

Neoverbは感覚的に使えるのでとても気に入っています。

あと音がクリア
ちょっと綺麗すぎるかなと思うくらいクリアです。

Neoverbの紹介動画

インストール

配信するPCにNeoverbをインストールします。

Product Portalから Neoverb をインストールします。

OBSで設定

リバーブをかけたい音声の上で左クリックを押します。
するとウィンドウが現れるのでフィルタをクリック

+ボタンを押してVSTプラグインをクリック
フィルタ名を決めます。わかりやすくリバーブとしました。
Neoverb を選択します。
プラグインインターフェイスを開くをクリックします。
Neoverb のインターフェイスが開きます。

ここで自分好みのリバーブを作れます。

リバーブのオンオフは目のマークで切り替えることができます。

テスト配信

テスト配信用の枠をたてます

タイトル、説明欄はわかりやすく
リバーブテストとしました。

テストなので限定公開で設定しています。

一通り入力出来たら右下の配信スケジュールをクリックすると配信枠をたてることができます。

音声チェック

実際にOBSでテスト配信してみました。

わかりやすいように大げさにリバーブをかけています。

音量は適正か
リバーブがかかっているか
ヘッドホンやイヤホンで聞いてみて両方から音が聞こえているか

などをチェックします。

まとめ

やる前は、むずかしそう、
できなさそーと思いながらびびり散らしていましたが

やってみると
意外と簡単にできるんだなとおもいました。

ゆきち

やっぱり、なんでもやってみることだなと思いました。
他のプラグインも組み合わせて環境を整えて行こうと思います。

Neoverbは配信だけではなく
スタジオワンなどのDAWに入れて使うこともできますので
音楽制作する方におすすめです。

ゆきち

単体で買うより
他のプラグインも入ったセットの方がお得だったりします。

iZotope はじめてのiZotopeセット Pro Max
created by Rinker
Amazon Music Unlimitedを無料体験

Amazon Music Unlimitedは7500万曲が聴き放題。

人気アーティストの最新曲はもちろん
ソロギターの楽曲もあります。

曲数が多いのでテレワーク時のBGMに困りません。

まずは無料体験で試してみましょう。