Practice

【ソロギター独学】いつまでたっても1曲通しで弾くことができない13コの原因

しょしんしゃ

ソロギターの練習をしているけど
はじめから最後まで弾ける曲が
1曲もないんだけどなんでだろう。

ゆきち

せっかく練習をしているのに
通しで弾ける曲がないのはもったいないね。
今回はなぜそうなってしまったのかと
1曲完成させるためのコツをご紹介するよ。

1曲完成しない13コの原因

そもそもの原因3コとテクニック的な原因10コ

そもそもの原因

  • 曲に飽きてしまっている
  • 1曲完成させる前に次の曲の練習をはじめている
  • 複数の曲を同時進行で練習している

テクニック的な原因10コ

  • 暗譜できていない
  • 間違って覚えている
  • なんとなくで弾いてる
  • 曲を聴きこんでいない
  • 原曲のテンポに追い付けない
  • リズムが崩れている
  • フォームが確立されていない
  • 運指が確立されていない
  • ミスタッチがなくならない
  • 苦手をつぶし切れていない

曲に飽きてしまっている

この曲を弾けるようにするぞ!
と思って練習をはじめますが
1ヶ月、2か月と練習しているうちに
曲に飽きてしまうケースです。

1曲完成するまでに時間がかかってしまうのは
曲のレベルと自分の演奏レベルが合っていない場合が多いです。

簡単な曲に乗り換えるか、
1日1小節練習方で1ヶ月以内に完成させてしまったほうがいいでしょう。

長丁場になると
初心者のうちは練習が嫌になってしまうので
1ヶ月以内に完成させれる曲を選択することをオススメします。

1曲完成させる前に次の曲の練習をはじめている

これもありがちなパターンだと思います。
初めはこの曲を練習するぞ!と思っていても
あれ、この曲も弾きたいな。となって
1曲完成する前に次の曲の練習を
はじめてしまっているパターンです。

ソロギターの練習になれたら
同時進行で2、3曲練習してもいいかもしれませんが
初心者のうちはとりあえず1曲弾けるようになること
を目標に練習してみましょう。

複数の曲を同時進行で練習している

これもさっきと似たようなパターンです。

あれもこれもやり始めると
キャパオーバーになり
最悪どちらの曲も完成しないで
終わってしまいます。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」
ということわざがあるように
まずは1曲やり切りましょう。

暗譜できていない

ずっと楽譜を見ながら練習していますか?
完全に暗譜しましょうとは言いませんが
暗譜してしまったほうが
曲の完成する確率は高まります。

しょしんしゃ

どうやって暗譜するの?

ゆきち

弾いているうちに体が覚えていくよ。
1小節ずつ確実に覚えるのがいいと思うよ。

練習しているうちに
ある程度体が覚えてくれるようになります。

勝手に指が動くようになるまで練習してみましょう。

間違って覚えている

これが一番厄介です。
間違って覚えてしまうと。

間違ったままずっと練習し続けてしまって
間違いを反復練習することになってしまいます。

しかも、一度覚えてしまったことを
上書きするのは結構大変です。

なので一番初めの練習は
慎重に確実に覚えていくようにしましょう。

なんとなくで弾いてる・曲を聴きこんでいない

なんとなーくで弾いていると
正解が分からないし
ゴールもわかりません。

どうなったら完成なのか、
をしっかり把握しておく必要があります。

しっかり曲を聴きこんで
覚えるくらい何度も聞きましょう。

楽譜を見ながら
曲を聴くと
演奏のイメージもつかみやすいので
オススメです。

原曲のテンポに追い付けない

音源と一緒に練習したときに
追い付けなくなるパターンです。

テンポが速い曲を練習しているときに
ありがちです。

自分が追い付けるテンポで練習して
少しずつテンポを上げて練習するのがいいでしょう。

速度を調整できる音楽再生アプリがありますので
そちらを使って練習してみてください。

テンポを上げていくコツは
自分が速くなったと気づかない程度に
テンポアップしていくことです。

速いと感じるということは
もうその速さについていけてないと思っていいです。
なので、あれ?速いか?と感じるレベルで
テンポを上げていきましょう。

リズムが崩れている

原曲を聴きながら弾いていると
なんか違うな。
と感じるところがでてきます。

そんな時は
演奏する手を止めて
楽譜を見直すことをオススメします。

違和感を感じたところを楽譜に
メモしておいて、音源を聴きながら楽譜を見てみると
間違って覚えている場合があります。

リズムが乱れているかどうかは
原曲と自分の演奏を聴き比べるしかありません。

間違っていれば修正して覚え直しましょう。

最終的にはメトロノームに合わせて
ギターを弾く練習をすれば、リズム感はアップします。

フォームが確立されていない

どんな姿勢でギターを弾いていますか
あぐらですか?椅子に座ってますか?
足を組んでいますか?踏み台に足をのせていますか?

ソロギターのフォームは人それぞれですが
いつも同じ姿勢で練習したほうがいいでしょう。

昨日はあぐら
今日はイスに座って
と、日によってフォームを変えていると
ギターを構える角度や腕の位置、指の位置が固定されず
パフォーマンスが安定しにくいです。

いつも同じフォームで弾くことによって、
ダメになったところや、よくなったところに
気が付きやすくなります。

今日は左手が動きにくいなとか
なんか弦がはじきにくいなとか
ただ爪が伸びていたりすることもありますが
ちいさな変化に気づくことも上達の近道だと思います。

自分にあったフォームを見つけよう
【独学】ソロギターがうまくなりたかったらフォーム(姿勢)を決めよう【初心者】ソロギターの練習をするとき決まったフォーム(姿勢)で練習していますか?いつも同じフォームで練習することでソロギターのパフォーマンスの向上につながります。今回はソロギターにおけるフォームの重要性とフォームの種類をご紹介いたします。...

運指が確立されていない

運指とは左手の指運びです。
ソロギターって、単音で音を出す分
ストロークでギターを弾くときよりも
左手が忙しいですよね。

この左手の指運びも自分なりの
指運びを確立させておいた方がいいです。

左手のどの指で押さえるか決まっていないと
押弦するときに迷ってしまって
ミスしたりスムーズにコードチェンジができなくなります。

ミスタッチがなくならない・苦手をつぶし切れていない

1曲完成させようと思うと
ついてくる悩みです。

いつもここらへんでミスしてしまう。
とか、苦手なポイントをつぶし切れていないと
曲が完成しません。

ミスするところや苦手なところを洗い出して
ゆっくり練習したりすることで
徐々にミスをなくしていきます。

この工程が
一番根気がいるところです。
1曲完成まであと少しなので
踏ん張ってください。

まとめ

最後のミスタッチをなくすのが
ほんとうに骨が折れる作業です。

ゆきち

練習してるのに全然弾けなくて
心が折れそうになります。
というか折れます。

どうしてもうまくいかない時は
フォームを見直したり
ゆーっくり弾いてみたり
5分間タイマーをセットして永遠に
同じフレーズを繰り返してみたり
YouTubeでもみながら
同じフレーズをずっと練習したりします。

集中して練習したり
身体に覚えさせる練習をしてみたり
いろいろ工夫しながら1曲完成させます。

ゆきち

1曲完成させるのは大変ですが、
できるようになった時の達成感は半端ないですよ。

Amazon Music Unlimitedを無料体験

Amazon Music Unlimitedは7500万曲が聴き放題。

人気アーティストの最新曲はもちろん
ソロギターの楽曲もあります。

曲数が多いのでテレワーク時のBGMに困りません。

まずは無料体験で試してみましょう。