Tool

ソロギター弾きの私がStudio One 4を使おうと思った理由と使ってみた感想

ギターを弾く青年の画像

今回の記事は

「今までiPhoneやスマホだけで楽曲の編集をしていたけど
なんだか物足りなくなってきた。」
「PCでDAWソフトを探しているが。初めは無料で試したい。」
「できればクリアなサウンドに仕上げたい。」
といった方におすすめです。

しょしんしゃ

ソロギターなのに「Studio One 4」とかいる?てかそもそも 「Studio One 4」ってなに?

ゆきち

「Studio One 4」はバソコンの音楽制作ソフトだよ。

「Studio One 4」とは

「Studio One 4」とはDAWソフトウェアのことで
「DAW」とは「Digital Audio Workstation (デジタル·オーディオ·ワークステーション)」の略です。

このソフトをパソコンやスマホ·タブレットにインストールして
デジタル音源の編集を行います。
いわゆる音楽制作ソフトです。

楽曲編集作業で発生した問題とStudio One 4を使おうと思った理由

実は私ソロギターをしていますが
弾き語りもしています。

録画した弾き語り動画を編集していたら
ある問題が発生しました。

弾き語り動画の編集で発生した問題

  • ガレバンで編集したらアコギの残響が無くなった
  • ボーカルのピッチ調整がしたい
  • 音質が気になる

ガレバン(ガレージバンド)で編集したらアコギの残響が無くなった

これが一番大きな理由です。
今まではソロギターや弾き語りをお家で録音して
iPhoneで動画と音声に分けて
音声をガレージバンドで加工して
動画と音声をくっつけてyou tubeにアップロードしていました。

you tubeにアッブロードした
動画をチェックしていたら
曲の最後のアコギの残響が途中でブツっと切れていました。

編集作業中の
ゆきち

え?うそでしょ?!


といいますのも、
そのギターの残響も曲の一部なのです。
これでは曲が途中で終わってしまっているのと同じこと。

何回も何回も撮り直して、
あーでもない、こーでもないと
音を編集してやっとできたのに
正直、とても悲しかったです。

ギターの残響は鳴っているか鳴っていないかわからないほど
かすかな音なので、何かしらの変換工程で鳴ってない音とみなされ
カットされてしまったようです。

これは、そろそろ
パソコンで編集作業をすべきなのかもなぁ
と思いました。

ピッチ調整がしたい

弾き語りを宅録していると自分が音痴だったことを思いだしました。

自分で録音した音声を聞いていると
「音外してるなー、声でてへんなー。」と思うところがあり、
そうだ!音痴ならばピッチ調整をすればいいじゃない!
と考えました。

ゆきち

音痴なおさんかい、とお思いでしょうが
これでもましになったほうです。
努力はします。

ピッチ調整はStudio One 4の無料版には入ってなかったので
有料版にグレードアップできたらやっていこうと思います。
それまでは自力でピッチ調整します。

音質が気になる

ガレージバンドの音が悪いとかではないです。
シンプルに「Studio One 4」 はクリアなサウンドになると
小耳にはさんだので気になりました。

どうせアコギと歌で生きていきたいし
ソロギターや弾き語りは
クリアなサウンドと相性がいいのではと思いました。

ゆきち

私の声もクリアになって
うまく聞こえたりしないかしら…

「Studio One 4」にたどり着いた経緯

DAWソフトっていろんな種類があります。
Pro tools, Cubase ,Logic Pro, Studio One
などなど。

それぞれ、価格の差や
動作するOSが近違います
(Logic Proはmac専用です。)
私がStudio Oneを選んだ理由は3あります。

Studio One4を選んだ理由

  • Windows で使える
  • 無料で試せる
  • 動作が軽い

Windows で使える

いま使用しているバソコンはWindowsなので
今すぐ使えるソフトとなったら
Windows で使える必要がありました。

無料で試せる

できるだけ費用を抑えたかったので
とりあえず無料で試せるStudio Oneが魅力的でした。

動作が軽い

ネットで調べると、動作が軽いと書いてありました。
私のバソコンは10年前に買ったPCでして
スペックはまあまぁですが、なにせ古い。
動作が軽いに越したことはないので
Studio Oneの無料版をダウンロードしました。

実際に「Studio One 4」 無料版を使ってみて思ったこと

まだStudio One 4の機能の2割も使えてない気がしますが、
先ほどの悩み2つ
「カレバンで編集したらアコギの残響が無くなった」と
「音質が気になる」は解消しました。

アコギの残響はしっかりのこったまま編集できましたし
確かにStudio One 4で作った音はクリアで
私はStudio One 4で作った音が好きです。

エフェクトをかけるのが楽しい。

無料版にはエフェクトが9こあります。
順番にたして音を変えたり
いろいろいじくりまわしていました。

音に歪を加えるものがあって
アコギの音がたちまちエレキギターの音になって
「うわーかっこええーとなりました。」
しかし、最終的には以下の二つしか使いませんでした。



低音域・中音域・高音域の音のバランスを変える
「Channel strip(チャンネル ストリップ)」と
音の響きを変える「Mixverb(ミックスバーブ?)」です。

これはもう、好みのもんだいなので
なんかこうええ感じにとしかいえません。

実際にいじってみて
自分の耳で確かめるしかないですね。
ただ、かけすぎには注意です。

ソロギターや弾き語りは
空気感とか、実際のギターの音
実際の声を大切にしたいので
ちょっとええかんじに加工する
くらいがちょうどいい気がします。
このちょっとええ感じが難しいのですが。

まとめ

一番の問題だった
アコギの残響を残せた時点で満足です。
そのうち有料版に切り替えるかもしれません。
(ピッチ調整がまた終わっていないので…)

できることは限られていますが
無料版のダウンロード方法をまとめた記事がありますので
よかったらこちらものぞいてみてください。
無料版のダウンロード自体は10分~20分もあればできるのではないでしょうか。

今後、オリジナルの楽曲制作を考えている方や
「DAWソフトってどんな感じなんだろう。」
と興味はあるが、まださわった事のない方は
一度ダウンロードして遊んでみると楽しいですよ。

Studio One Prime 4 無料版のダウンロードの手順Studio One Prime 4 無料版のダウンロードの手順です。【画像解説付き】...
ゆきち

ほかに良さそうな
DAWソフトを見つけたら
そちらに乗り換えるかもしれませんので
その時はまたご報告いたします!