Practice

iPhone1台でできるソロギターの宅録からYouTube投稿までの流れ【編集作業編】

ゆきち

今回はiPhoneで録画したソロギター動画の編集方法を解説していくよ。

YouTubeに投稿するソロギター動画の編集方法

使うものは「iPhone」と「ソロギターを録画した動画」です。

編集作業のためにインストールしておいてほしいアプリがあります。

インストールしておいてほしいアプリ

  • 動画to音声
  • ガレージバンド
  • ドライブ(Google ドライブ)
  • iMovie
  • Canva
  • YouTube Studio
音声抽出 - 動画TOオーディオ 動画から音声抽出

音声抽出 – 動画TOオーディオ 動画から音声抽出

Nobutaka Yuasa無料posted withアプリーチ

GarageBand

GarageBand

Apple無料posted withアプリーチ

Google ドライブ - 安全なオンライン ストレージ

Google ドライブ – 安全なオンライン ストレージ

Google LLC無料posted withアプリーチ

iMovie

iMovie

Apple無料posted withアプリーチ

Canva-名刺,カード,チラシ,ポスター,サムネイル作成

Canva-名刺,カード,チラシ,ポスター,サムネイル作成

Canva無料posted withアプリーチ

YouTube Studio

YouTube Studio

Google LLC無料posted withアプリーチ

下準備

iPhoneのカメラロールに
録画した動画があると思います。

まずは、ここで、
大まかにいらない部分をカットします。

はじめの録画ボタンを押したところから
ギターを弾きはじめる直前までは不要なのでカットします。
最後のギターを弾き終わった後から
録画を止めるまで、も不要なのでカットします。

黄色の枠で調節して
いらない部分がカットできたら
右下のチェックを押して保存します。

動画to音声で動画から音声だけをとりだす

動画to音声を開きます。
音声をとりだしたい動画を選択します。

このアイコンをタップします。
すると音声ファイルが保存されます。

音声ファイルをガレージバンドで編集するために
ガレージバンドのフォルダに動画to音声の音楽ファイルを保存します。

形式はwavをオススメします
wavは非圧縮の音楽ファイルです。
音質は良いですがファイルサイズが大きくなるのが特徴です。

ガレージバンドの中のフォルダに保存しましょう。

ガレージバンドで音源の編集

ガレージバンドを開いて音声の編集をします。

右側にプラスマークがあるのでそれをタップして
小節の数を変更します。
ここを変更しておかないと
音源データをガレージバンドに入れたときに
8小節までしか表示されなくなってしまいます。

小節数を自動に変更し
ここをタップします。

小節数の変更ができたら
音源を追加する場所をつくります。
画面の右上、左から3番目のアイコンをタップします。

すると音源を追加する場所ができるので
右側の歯車のアイコンのよこの
わっかみたいなアイコンをタップします。

ファイルのタブに先ほど
保存した音源データがあると思いますので
長押ししてワークスペースに持ってきます。
一番左端に設置しましょう。

イコライザー画面で
音量や音質を変化させていきます。

私がよく触るのはこの3つです

  • 音量
  • 響き
  • 低音域・中音域・高音域のバランス調整

音の編集は答えがありません。

どのような音にしたいのかは
人それぞれなので
いろいろいじってみて
自分の音を作り出しましょう。

「VISUAL EQ」という感覚的に操作できる
イコライザーもあります。

もう少し上げたい音域や
逆に削りたい音域をある程度自由に設定できます。
曲を聴きながらいじってみると楽しいです。

編集が終わったら
左上の三角をタップして保存します。

直接iMovieに保存できるのであれば
iMovieに保存してください。

私の場合は直接保存ができないので
一旦「ドライブ(Google ドライブ)」を経由して
iMovieに保存します。

ドライブを経由した保存のしかた

下のほうにある共有を選び
ドライブを選択します。

複数のグーグルアカウントがある場合は
どのアカウントに共有するのか聞かれます。

ドライブに保存されたら
iMovieにコピーを選択します。

iMovieで動画と音声をくっつける

iMovieに音声ファイルを移動できたら
プラスマークをタップして
動画を追加します。

iMovieでの編集作業

  • テロップの追加
  • フェードアウトの追加
  • YouTubeに動画をアップロード

テロップの追加

今回は「曲名」と「ソロギター」という文字を追加します
テロップのデザインを選んで文字を入力します。

テロップが表示される長さを決める

そのままですと、最初から最後までテロップが表示されたままになります。
テロップを消すには、動画を分割する必要があります。

動画の初めから曲を弾き始めるところまで表示させたいので
ギターを弾き始めるところで動画をカットします。

するとテロップもカットしたところでフェードアウトします。

ゆきち

この作業ができなくて
テロップはあきらめていましたが
わりと簡単でした。

フェードアウトの追加

動画の終わりに黒へフェードアウトを追加します。
これは、好みなので追加しなくてもOKです。

右下に歯車のマークがあるので
そこをタップします

黒からフェードインすることも可能です。
あとは、プロジェクトフィルタで動画の色を変化させることもできます。

モノクロとか、彩度を上げたもの、
うっすらもやがかかったような効果など
いろいろあります。

これも好みの問題なので効果をつけてもいいですし。
つけなくても大丈夫です。

YouTubeにアップロード

動画の編集ができたら
一旦保存してYouTubeにアップロードします。

YouTubeに動画をアップロードするところまで
iMovieで出来てしまうので便利ですね。

Canvaでサムネイルの作成

YouTube Studioのアプリで
サムネイルの設定ができます
ここに使用したいサムネイルがなかったら
サムネイルを作成します。

iMovieで作ったものスクショして
リサイズするのが早いかなと思います。

Canvaでのサムネイル作成手順

iPhoneで動画のスクリーンショットを撮っておきましょう。

Canvaでデザインを作成します。
YouTubeのサムネイルサイズは
横 1280px × 縦720pxです。

デザインを作ったら
動画をスクショした画像を挿入します。
大きさや傾きなどをタップして整えてください。

文字を追加します。
iMovieのテロップと同じ
「曲名」と「ソロギター」という文字を追加しました。

フォント(文字のデザイン)も選べます。
白い枠を入れてみたり
文字の色を変えてみたり
自分の好きなデザインにしてみましょう。

サムネイルができたら保存します。

YouTube Studioでサムネイルの設定をする

YouTube Studioのアプリの
ダッシュボードの動画の欄に
iMovieからアップロードした動画があると思います。

動画をタップして
鉛筆マークをタップすると
左側の画像のような画面になるので

動画部分をタップします

サムネイルの候補がいくつか表示されるので
そこから選ぶか、
カスタムサムネイルを選択して
Canvaで作ったサムネイルをアップロードしてください。

ゆきち

以上で編集から動画投稿までが完了しました!あとは動画を公開状態にすればYouTubeで投稿した動画が見れるようになります!
おつかれさまでした!

Amazon Music Unlimitedを無料体験

Amazon Music Unlimitedは7500万曲が聴き放題。

人気アーティストの最新曲はもちろん
ソロギターの楽曲もあります。

曲数が多いのでテレワーク時のBGMに困りません。

まずは無料体験で試してみましょう。