Practice

指が痛くてソロギターが弾けない時の対策4つ

ギターを弾ていて指が痛い時の対策4つ
しょしんしゃ

ギターの練習をしてたら指がいたくなっちゃってギターが弾けないよー

ゆきち

ギターを始めた頃は指が痛くて練習どころではないよね。(もはや痛みに耐える作業)
ずっと弾き続けていると指の皮が分厚くなって痛くなくなるんだけど。痛みの対策をかんがえてみたよ!

指が痛くてギターが弾けない時の対策

ソロギターに限らず、ギタリストは必ず通る道なのではないでしょうか。
生まれつき指の皮が厚いとかそういった神様からの授かりものがない限りは。(ほかの弦楽器も痛いのかな…)

私もめちゃめちゃ痛かったです。
じんじんしますよね。あと指先の感覚がなくなる(笑)。
だって金属の糸をですよ。ずっと押さえたり、はじいたり
スライドさせたりするんですから。
ほんとなんの拷問かなと思いますね。

でもね、今は弦を押さえるの痛くないですよ。(ソロギター3年目)
セーハが多い曲を弾いてると人差し指の第二関節の側面が痛くなりますが。
指の先は痛みを感じにくくなりました。

毎日ギターを弾いていると、指の先っちょの皮がだんだん厚くなってくるみたいです。手がギターを弾くように進化していきます。楽しいですね!

指が痛いの具体的な対策

うーん。私はわりと我慢して練習してました。
Fコードの練習で左の人差し指が痛くなった時は
マスキングテープかなんかを指に巻いて練習してました。
※マネしないでね。

だからって、根性論とかそんなしょうもないもの押し付けたくないので
対策を考えてみました。

指が痛い時の対策

  • 冷やしたりちょっと休憩する
  • ギターの弦を細い弦に張り替える
  • 指サックをつけて弾いてみる
  • クラシックギターで練習する

冷やしたりちょっと休憩する

気休め的な対策ですが。
保冷剤で冷やしてみたり。
(冷やしすぎには注意しましょう)

30分くらい、音源をきいて休憩したり。
指の回復に努めます。
といってもほんとに気休め程度です。

ギターの弦を細い弦に張り替える

アコースティックギターの弦で一番細い種類は
Extra Light(エクストラライト)です。

細い弦のほうが
太い弦よりは張力(ひっぱるちから)が弱いので
弦を押さえる力が比較的少なくて済みます。

なので、弦の袋や箱に「Extra Light(エクストラライト)」
と書かれている弦を購入するとよいでしょう。

こちらも気休め程度の対策ですが、
試してみる価値はあります。

指サックをつけて弾いてみる

Amazonでいろいろ探してたらたまたまでてきて、
これギターはじめたころに知りたかった!と心底おもいました。
でも多分私は買わなかっただろうと思います。
我慢強いほうなので。

なにもつけないよりはいいかなぁ、と思うのと。
指先の間隔が鈍りそうなので結局素のままがいいなと。

指サックを利用するなら。
普段は指サックなしで練習して、痛くて痛くてたまらないときは
指サックをつけて練習する。みたいな感じがいいと思います。

素のまんまで1ヶ月くらい練習し続けたら、あまり痛みを感じなくなっていると思いますが。練習量や個人差(痛みに強い、弱いなど)もありますので一概には言えませんが。

クラシックギターでしばらく練習する

これはお家にクラシックギターがある人向けです。
せっかくアコギがあるのに
わざわざクラシックギターを買わなくてもいいです。
クラシックギターもいつかは買おうと思ってた!
って人にはちょうどいいかもしれませんが。

クラシックギターって
1~3弦がナイロンでできています。
1~3弦が金属でできているアコースティックギター
と比べるとナイロン弦のほうが
まだ痛くないです。

指が痛くなくなるまではクラシックギターで練習しても
いいかもしれませんね。

まとめ

ギターを練習しはじめた頃は
ほんとに指が痛くてどうしようもありませんでした。

でも、筋トレと同じで
傷ついた細胞は、次に同じ刺激を受けても
傷つかないようにどんどん強化されていきます。

練習の度合いにもよりますが
1~3ヵ月くらいギターの練習を続けていると
だんだん痛みが気にならなくなってきます。

あまりにも痛いときは
練習を早めに切り上げるか
指のストレッチやエクササイズをして
指の動きがにぶらないようにしましょう。

指が動かない時の対策
【独学】ソロギター初心者の指が動かないときの練習方法【エクササイズ動画付き】ソロギターの練習をはじめたけど指がまったく動かない!そんなソロギター初心者の方のために右手と左手に分けた対策方法をご紹介いたします。ギターがなくてもできるエクササイズ動画付きです。...
ゆきち

ギターの練習をしていると
指先がかさかさになったりするので
ハンドクリームを塗ったり
手や指の保湿を忘れずに!